キャッシングの総量規制と収入証明

本人確認書類と違い、収入証明書類は借り入れの際必ずしも求められるものではありません。多くの消費者金融では何十万円という独自の基準を設け、それを超える場合のみ利用のときに必要と定められており、少ない金額においては手軽なキャシングを可能としています。源泉徴収票や所得証明書は、求められたときに提出すればいいのです。

収入証明が求められるわけには、総量規制という決まりが関係しています。総量規制は年収の三分の一を超える借り入れを禁止する規定で、消費者の負担を和らげるために存在しているといわれます、
かつて消費者金融は貸すということに力を入れていました。結果、自分が返せないほどのローンを抱えてしまう消費者が増え、ローン地獄に陥る人も少なくは無かったのです。総量規制は、そういったトラブルを防ぐための策でした。

しかし総量規制が、キャッシングの便利さに制限を加えているのも事実です。そのため年収の三分の一以上の借り入れを望む人は、総量規制対象外となる銀行のローンを利用したり、消費者金融の中でも総量規制対象外と明言しているところを選んで使う姿も間々見られます。

ちなみに多重債務による返済負担を軽減するためのおまとめローンは、総量規制の対象となるキャッシング会社でも、異例の商品として扱われています。おまとめローンの金額にはっきりとした制限がついてしまっては意味をなさないこともあるので、あえて総量規制の範囲に含まれないようにされているのです。

不便なところはあるにしても、総量規制は利用者を守るための決まりです。それを忘れずに、節度を守って借り入れを行うように努めてみましょう。


このページの先頭へ