カードローンを安心して利用するポイント

最近、銀行カードローンのテレビコマーシャルが自粛されているのをご存知でしょうか。

金融庁からのご指導でしょうが、多重債務者問題が社会問題化しつつある昨今、銀行カードローンも消費者金融キャッシング同様にこの問題の主要因になっているのではという指摘が増えたことから、教育的指導が行われてたというところでしょう。

消費者金融の場合には最大で18%前後の適用金利、低金利といわれる銀行カードローンの場合でも最大で15%前後(メガバンク系の場合)という状況で、長期間利用する場合には利息という形で後々重い負担となってしまいます。

あまりにも簡単に申し込みから契約まで完了してしまいますので、多くの方は気軽にカードローンを利用してしまうのですが、借りたものは必ず期日までに利息を付けて返済する必要があり、カードローンといえどもこの原則を守ることで取引が成り立ちます。

従って、カードローンの利用=借金することという認識を強く持って、しっかりとした返済計画を持ったうえでカードローンの申し込みをする必要があります。

返済計画とは、カードローン会社から提供されるものではなく自分で計画するものです。

何故なら、カードローン会社としては少しでも多くの利息をもらうことが目的となりますが、利用者として賢く利用するためには少しでも利息負担を小さくする必要があるからです。

しっかりとした返済計画には繰り上げ返済が必須となりますが、大切なポイントとはいかに支払利息を少なくできるかということです。

このページの先頭へ